当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【ポイント】 公共料金をJCBカードで支払う 【稼ぎ】

ポイント消滅の一件があってからというもの、公共料金の支払いでJCBカードのポイントGETに乗り出してはみたのですが、これがまたちょっとゴタゴタしてしまいました。

なぜならば、公共料金の口座引き落としの方法が、各社バラバラだったからです。
また、新聞については地方によっては口座引き落としができないものもあったからです。

公共料金の口座引き落としをJCBカードからの引き落としに代える際に楽だったのは、関西電力と大阪ガスでした。

スポンサーリンク

この両者は、JCBカードのサイトから使用量とかを記載した請求書のお客様番号を記入すれば引き落とし方法の変更が申請できました。

でも、携帯電話とかはNTTドコモに電話して、引き落とし方法の変更を連絡して、書類とか記入しなければならなかったのでめんどくさかったです。
(しかも、契約している本人(父)が電話に出て応対しないといけなかった!)

また、NHKの受信料(BS放送料込み)は、お客様番号みたいのを入力する欄があったんですが、それがどこをどう調べても分からなかったので、結局電話することに。

「あの、口座引き落としからクレジットカード引き落としに変更するときに、お客様番号みたいのを入力する欄がありますよね?それって、どこを見ればいいんですか?」
すると、NHKの電話オペレータの兄ちゃん曰く・・・

「あ、それはですねー、分からなければ記入なさらなくてもいいんですよー (゚∀゚)」
・・・とのこと。

「それなら、お客様番号の記入欄を消しといておくれよ!!ヽ(`Д´)ノ」
・・・って心の中で叫んでしまいましたが、私は小心者なので、
「ああ、そうですか・・・わかりました〜 (^_^ ;)」
と言って、電話を切りました。

ところで、新聞代についてなのですが、我が家では新聞代の支払いはクレジットカード引き落としにしてません。

その理由は、「関西では日経新聞のクレジットカード引き落としに対応できていないから」です。

新聞代でもクレジットカード引き落としができるものと思い込んでいただけに、これは案外ショックでした。

朝日新聞とか読売新聞とかはクレジットカード引き落としできるんですが、我が家では、父も母も私も株とか為替を弄ってるんで、日経新聞でないとお話になりません。

そんなわけで、クレジットカードのために朝日新聞とか読売新聞に代える気はなかったですので、新聞代のクレジットカード引き落としはあえなく断念。
(つか、関西でも、日経新聞のクレジットカード引き落としに対応してほすぃ。(-_-;))

最後に、携帯以外の通信費についてなんですが、電話代はクレジットカード引き落としができませんでした。NTTに確認の電話もしたんですが、その答えは「だめぽ」でした。
(ソフトバンクテレコム(旧 日本テレコム)の方だったら、クレジットカード支払いも選択できるんだけどなあ〜 (>_<;))

でも、YahooのADSL料金はクレジットカード振込みがOKでした。
(ソフトバンク関連の会社って、こういったとこは充実してて良い感じです)


スポンサーリンク