当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【債務一本化計画】 おまとめについて考える

とある人が、クレジットカードを使って買い物をしました。
でも、その人はそのクレジットカードを使い買い物を続け、限度額近くまでお金を借りました。
でも、まだまだ買い物を続けるために、新しいクレジットカードを作りました。

その人は、その新しいクレジットカードも限度額いっぱいまで使い、お金を借り続けました。
そこで、今度はその人はカードローンを借りることにしました。
でも、そのカードローンも限度額いっぱい付近まで借りてしまい・・・。

とまあ、こんなことを繰り返しているうちに、気がついたらその人はたくさんの会社からお金を借りていました。
そこで、そのバラバラに借りている多額の借入金を一つにまとめ、利率の安い銀行かカードローン会社かクレジットカード会社に借りなおすことにしました。

これがいわゆる「おまとめ」です。
「おまとめ」を行って借り入れ利率を安くできると、後々の支払いが軽くなるのです。
ただし、「おまとめ」ができるかどうかは、「収入」や「借入額」や「おまとめ依頼する会社の貸し出し基準」などの状態によるので、「おまとめ」できないこともあるようです。

ちなみに、借り入れ金額の少ない会社から返済していったり、利率の高い会社から優先的に返済していく「コツコツ・借入金返済型・おまとめ」を行う方法もあります。
(こちらの方が無難のような気もしなくはないですね・・・。(^_^ ;))


スポンサーリンク