当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

マイルとポイントの違い

クレジットカードを利用すると、利用金額などに応じて「ポイント」や「マイル」が貯まるものがあります。

「ポイント」は、利用金額に応じて与えられるものです。
「マイル」は、飛行機で移動した距離に応じて、航空各社から与えられるポイントのことです。

スポンサーリンク

ポイントのようにマイルを貯める方法

マイルは、飛行機で移動した距離に応じて航空各社から与えられるポイントのことなのですが、マイルは飛行機を利用する人々にはかなり好評なサービスでした。

また、「通常の買い物をしてもマイルが欲しい」との要望に応えるべく、航空各社は通常の買い物でもマイルが貯まるよう、マイルの貯まるクレジットカードのサービスを始めました。

ここで、「陸マイラー」と呼ばれる人々が登場しました。
「陸マイラー」たちは、日々のお買い物などをマイルの貯まるクレジットカードを利用して購入します。

すると、クレジットカードの利用金額が多ければ多いほど、マイルがドンドンと貯まるようになりました。

このようにして、上手くマイルを貯めることに成功した一部の「陸マイラー」たちは、お買い物をして航空運賃を無料とすることに成功したのでした。


ポイントをマイルに変更すると

JCBやVISAのようなクレジットカードを利用して得られる「ポイント」を飛行機代にしようとすると、「マイル」に交換する必要が出てきます。
この際に注意が必要なのは、ポイントからマイルへ交換する際に、「交換(移行)手数料」がかかってしまうということです。
(交換手数料が微々たるものになるほど、多くのポイントを交換するのであれば話しは変わりますが・・・)

ですので、マイルを貯めて海外旅行の航空運賃を節約したり、国内旅行の航空運賃を節約するためには、最初からマイルの貯まるクレジットカードをGETして、それを利用してお買い物をする方が無難であると思います。


スポンサーリンク