当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

クレジットカードとデビットカード

クレジットカードとデビットカードには、いくつかの違いがあります。
それは、必要な信用情報や、口座残高の有無などです。

クレジットカードの場合、口座に現金がないと買い物ができないわけではありませんが、デビットカードの場合は、口座に残高がある場合でないと、買い物ができません。

それは、クレジットカードの場合は、デビットカードと違い、自分の信用力でお金を借りて買い物をしているからです。
一方のデビットカードの方はと言うと、信用力の審査を緩くされる代わりに、口座残高のみの買い物しかできません。

ですので、口座には残高がないけど急に買い物がしたくなった場合には、クレジットカードでないと使えません。

スポンサーリンク

クレジットカードを利用して代金を支払った場合

商品購入
  ↓
クレジットカードで決済
  ↓
クレジットカード会社が代金を立て替えて支払う
  ↓
クレジットカード会社の指定する締切日
  ↓
カードユーザーが利用代金をクレジットカード会社に返済する


デビットカードを利用して代金を支払った場合

商品購入
  ↓
デビットで決済
  ↓
預金口座や貯金口座から即時引き落とし


デビットカードは、小切手代わりに利用できるので「チェックカード」とも呼ばれることもあります。

ただし、セキュリティや預金保護の観点から見れば、クレジットカードの方が有利な点も見受けられます。

デビットカードの場合はクレジットカードとは違って、預金口座に残金がなければお買い物をしたりサービスを受けることはできません。

また、プロバイダ契約などを行う場合は、デビットカードは不可でクレジットカードで支払いを行わなければならないケースもあります。(契約内容については、各プロバイダーのWEBサイトをご覧下さい)


スポンサーリンク