当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

クレジットカードの種類

クラシック(一般)カード

ごく一般的なグレードのクレジットカードです。
年会費も特典もお手ごろで、お買い物の決済や旅行などにはとても便利なカードです。

ただ、アメリカンエキスプレスカードやダイナースクラブカードはクラシックカードでありながら、年会費が高めでサービスが充実しています。

ゴールドやプラチナなどのカードに比べると、敷居は低めです。

スポンサーリンク

クラシック(保険やサービスのある)カード

基本的な機能はクラシックカードと同じなのですが(旅行関係のカードなどに多い)、旅行傷害保険やショッピング保険や生命保険などの保険の付帯されているカードなどがあります。
年会費は、通常のクラシックカードカードよりも高めなものが多いですが、年会費は各社カード発行会社によってバラバラです。


ゴールドカード

ゴールドカードは、クラシックカードよりもサービスが充実していて限度額も高めのクレジットカードです。
(年齢制限があるものもあります)
クレジットカード発行会社によって審査基準は様々なのですが、通常は審査基準が高めです。

年会費は高いものから安いものまで各社様々で、クレジットカードの種類によってサービスの内容も多種多様なものがあります。
ちなみに、年齢制限でゴールドカードを取得できない人のための(20代の人のための)ヤングゴールドカードなどもあります。


プラチナカード

グレードはゴールドカード以上です。
サービスなどもゴールドカード以上です。


ブラックカード

以前、TVの特番で一度だけ見たことがあります。
カード会社から特別に認められた人だけが利用できるようです。
TVの特番では、海外で日本人女社長さんがすごく高額な宝石をカード払いしていました。


学生カード

学生(大学)のためのカードです。
一般的には、学生カードは年会費は低め(無料)だったりします。
また、サービスや特典は充実しています。


コーポレートカード

法人用のクレジットカードです。
利用明細や資金の管理がしやすいのが特徴です。


ビジネスカード

ビジネスカードには、個人事業者向けのカードと福利厚生カードがあります。
個人事業者向けのカードは、個人事業者が利用できるカードです。
内容はコーポレートカードと似たような感じです。
利用明細や資金の管理がしやすいのが特徴です。

福利厚生カードは、国家公務員用の「KKR」なんかが有名です。
(私は持ってないですが、KKRメンバーズカードてカードの色が金色でサービスも充実してるからビックリです!)


スポンサーリンク